令和2年度の加工専用園協働運営の取組み 7月摘果作業を実施

県は本年度もりんご産地を協働で支える加工専用園体制構築事業を実施している。県内の3団体が高品位加工向けに協働運営で園地の管理を取り組んでおり、今年も各団体で7月に摘果作業が行われた。

弘前市の折笠支会では、支会活動の一環として地域内で手が回らなくなった園地の労働補助として実施。「ふじ」「つがる」の30㌃。摘果作業は7月2日に約10人で一斉実施し、適正着果に努めていた。

板柳町の板柳第一支会では、園主が亡くなった隣接園を借り受けて加工園としている生産者の園地を支会で協働管理の形で実施。「ふじ」「ジョナゴールド」「王林」「陸奥」の30㌃。摘果作業は7月8日に約6人で3日間作業した。

三戸町の梅内りんご組合では、スソものを加工向けとして有効販売できないかと考え実施。「紅玉」のみの30㌃。摘果作業は7月15日に約8人で2班に分かれて作業していた。

基本的な管理は園主が行い、今後の協働管理としては収穫作業となる。