加工現地見学会を開催

県は加工専用園の現地見学会を10月2日に開催した。生産者や加工事業者、関係団体ら42人が参加し、県内の実施園3ヵ所を視察した。

各園の加工と取り入れた経営について様々な意見交換が行われた。高密植栽培を導入しての作業効率の良い園地づくり、収穫補助機を導入しての更なる生産向上、地域の生産者同士で協働管理など、それぞれが独自の経営で加工を向き合っており、参加者は関心をもって聞き入っていた。